2017年11月18日土曜日

謎の宣伝文句「ザガットに掲載」(エンパイアステーキハウス)

ピータールーガー系のステーキレストランが続々日本に上陸している。

ピータールーガーおいしいもんね。NYに行くたびにチャンスがあれば訪れるが、予約がなかなかとれない。以前電話したら席がないというので、じゃあいつなら空いてるか?と聞いたら、「ざっと1週間先までは埋まっている」との回答だった。強気である。
(夜にフラッと立ち寄れば座れたりする)

さて、そんなピータールーガー系ステーキの一つ、ニューヨークにいくつかあるという「エンパイアステーキハウス」が今年芋洗坂にオープン。

公式ウェブサイトで「ザガットサーベイに掲載」という謎の宣伝文句があり脱力。他のブログでもそのまま書いている人がいるが、ザガットがどのような本が読んだことがないのだろうか。ミシュランじゃないんだから、掲載そのものを誇られてもねぇ。

不安になるプロモーションであるが、実際のお店の方はどうであろうか?

立地は芋洗坂の途中。六本木の駅に近いあたりだが、そこまでガチャついていない。同じピータールーガー系のウルフギャングのような高級店に向く渋さはないが、悪くはない。

内装は、天井が高く、ワインセラーも迫力ある作り。店員の制服もコンサバであるが、おいしいステーキが出てきそうなクラシックさでよい。現在は新築マンションのようなフローリングに重厚さが感じられないが、使い込まれてよい感じにくたびれればよくなるかもしれない。

照明はやたらと明るい。「ニューヨークから上陸!」を謳うなら、ニューヨークっぽくガッツリ照明落とせばよいのに、と思う。(もっともニューヨークのエンパイアステーキハウスは明るいのかもしれないが)

前菜「メリーランドクラブケーキ」は1個がゴロっと大きい。
衣が固くなるまでシッカリと揚げてあり個性的な食感。

ステーキはポーターハウスを注文。
ピータールーガー系定番のアツアツの皿を斜めにする方式で登場。
スタッフが取り分けてくれます。

食べる前に、香りからしてかなりバターが効いていることが分かる。




味も、バターの香りもよく、美味しい。
が、肉自体の油と、バターの油で、美味しいのは美味しいのだが、重い。
想像以上に消化が大変である。
若い人向けですね。

スタッフのサービスはフレンドリーすぎず、かしこまりすぎず、バランスがよいと思う。
途中で経験の乏しいアルバイトがサーブで一瞬登場したが、あれは興醒めするのでやめてほしいなぁ。練習台にされた感じで気分が悪い。
その点を除けば、サービスの品質は高い。オープン間もないのに、フロアをこのレベルでまわすのはスゴイと思う。このままさらにサービスの品質を熟成させていってほしい。

お勘定は男女2人で約3万円。適切な価格だとは思います。

味は好み次第だけど、個人的にはウルフギャングよりはこのエンパイアステーキハウスの方が好きです。
近いうち、ベンジャミンステーキハウスを訪問し、比較してみよう。

2017年11月12日日曜日

青山周辺のオニオングラタンスープ ベスト4

これまで世界中の中華料理店で酸辣湯を注文しまくってきた。メニューになくても大抵作ってくれるし、お店によって味が違うので、面白いです。

最近はオニオングラタンスープでも同じことを始めた。オニオングラタンスープって、どの店で注文してもおいしいものが出てくる鉄板メニューだと思う。まずいオニオングラタンスープって食べたことない。ロイヤルホストでも十分美味しいものが出てくるしね。
一方でオニオングラタンスープにおける個性というものを、あまり意識したことがない。注意深く食べてこなかったせいか、あまり店による違いがわかりにくい・・・が、全く同じということはあるまい。ということで、シッカリ食べ比べてみようと思い、最近メニューに掲載があればの注文している。

ということで、最近食べた青山周辺のオニオングラタンスープのまとめ。(青山周辺と言っておきながら、新宿も入ってたりですが、、、大目に見てください)

1.ジランドール(パークハイアット)
パークハイアット。泣く子も黙る「ニューヨークグリル」が有名で、予約も取りにくいが、フラッと訪れると座れることも多い。が、座れないことも多い。
座れなかった時は、ニューヨークグリルに訪れる道の途中にあるジランドールが頼りになる。アラカルトのメニューにはシグニチャーディッシュに「S」マークが書いてあるので(居酒屋だと赤字になってるやつですね)、メニュー選びの参考になる。
Sマークは、たぶん5個くらいあったと思うが、その中の一つがオニオングラタンスープである。
ここのオニオングラタンスープはかなり甘い。東京のオニオングラタンスープの中で一番甘いなのではないかと思う。もちろん甘さは玉ねぎから出てきたであろうもので、玉ねぎという食材の底力を感じることができる。
シグニチャーディッシュの名に恥じない逸品。

2.バー52番(西麻布)
西麻布ビストロ通り沿い、ウォッカトニック系列のバー52番。バーながら、キャンティ風の料理が美味しい良店である。
ここのオニオングラタンスープはパルメジャンチーズを自分で振りかけて食べる珍しいスタイル。パルメジャンチーズは大量に用意されるので、チーズ好きにはよい。




3.オーバカナル(アークヒルズ他)
たいていのオーバカナルにはテラス席がある。例えば、アークヒルズ店。
冬の寒い日に、テラスのストーブに近い席に座り、オニオングラタンスープを注文し、凍えながら待ってから、あつあつのオニオングラタンスープを上顎を軽く火傷しながら食べるのが、最近発明したおいしく食べる方法である。

4.フレンチキッチン(グランドハイアット)
グランドハイアット2階のフレンチキッチンは週末は朝昼がビュッフェのみとなってしまい、混む上にサービスもたいしたことないので行かないが、平日に行くと昼もアラカルトで注文できる。このアラカルトがナカナカなので気に入っている。
アラカルトの中の一つにオニオングラタンスープがある。他のメニューと一緒に注文しようとしたら「ハーフポーションでもご用意できますよ!」とのオファーがあり、ありがたかった。オニオングラタンスープって一つ食べたら結構お腹いっぱいに近くなるからね。



2017年11月11日土曜日

地のもの(ひさご寿司本店・久里浜)

漁港がある町まで出かけた昼時には、できれば寿司でも食べたくなる。
仕事で久里浜駅に行った時に、ネットで評判がよさそうだった「ひさご寿司本店」を訪問してみた。
場所は、(京急)久里浜駅そばだが、路地を一本折れたところにあり、美味しいものが出てきそうな立地である。

ランチタイムの訪問のため、ほんとは「お任せ」などでしっかり味わいたいが、おそらくランチ握り的なものになるだろうな、などと考えながらメニューを見た。すると、「ランチにぎり(973円)」の下に、「地魚旬魚入り板前さんおまかせにぎり(1900円)」があるではないか!


そうそう、私のような遠方から来た一見客が求めているのはコレですよ。絶対的な美味しさよりも、地のものが食べたいんですよね。


こちらが、「地魚旬魚入り板前さんおまかせにぎり」。
シマアジ、金目、カツオ、地だこ等、説明メモもつけてくれます。

ネタは大きく食べではあります。
この品質なら安いと思う。

駅そばだし、東京から久里浜駅(京急久里浜駅)を訪れるサラリーマンにはちょうどよいお店だ。

ひさご寿司 本店寿司 / 京急久里浜駅久里浜駅
昼総合点★★★☆☆ 3.1

2017年10月29日日曜日

オーセンティックな雰囲気の挑戦的なバー(bar K)

東京在住の私は、定期的に大阪に行く機会があり、その夜は大抵バーを訪問する。若いころは面白がって大阪中の色々なお店に訪れたが、ここ5年くらいは北新地のbar K(バー・ケー)に行くことが多い。
bar Kはもともと友人が常連で、初めは彼に連れて行ってもらったのだが、何気なく注文したモヒートが独特で気に入り、一人でも行くようになった。

お店の作りはオーセンティックだが、ドリンクはよく研究しているようで、挑戦的だ。色々注文してみたくなるお店である。
その後、試しにミントジュレップを注文してみたら、こちらは完成度が高く、これも気に入った。

フードも個性のあるものが多く楽しい。
自家製ビーフジャーキーは美味しかったですね。
ビーフカツサンドは、肉が小さい。もう少し具が大きい方が好みだなぁ。

喫煙はもちろんOK。葉巻もウェルカムとのことだが、実際に葉巻をやる客は少数派なので、少し目立つかも。雰囲気的にはシガリロのクラブ程度がちょうどよい感じ。


調べてみると、オーナーバーテンダー(たぶん)である松葉道彦氏はこの世界では名の通った方らしい。が、そんな偉ぶった感じのしない、間口の広い感じの好感の持てる人物である。他の若いスタッフも同様。

いつも完成度が高いドリンクを提供してもらえるため安心して通える。おかげで、10数年通っているが、遠方のためペースがせいぜい年数回。おかげで顔と名前をお店の方に未だ覚えられず。一見扱いなので、気軽に行けて、それもそれで居心地がよい。
18時開店なので、開店直後に行き、3杯いただいて、伊丹に向かうと羽田行最終便にちょうどよい時間である。


バー ケーバー / 北新地駅西梅田駅大江橋駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5

2017年10月25日水曜日

夜遅くに鮨が食べたいなら(宮園)

西麻布、根津美術館から浜の家への抜け道、飲食店が立ち並ぶ一角にある寿司店。表通り沿いではないが、目立つ場所にある。

雰囲気のある入り口から中の様子は見えない造り。
店内は明るく鮨店らしい清潔感がある。

お任せでお願いしたところ、初めにいくつかつまみが出て、後半に握りを出すスタイルだった。
添え物として、ガリだけでなく、わかめとアイスプラントが出てくるのは面白い。そんなに美味しいとは思わないが。
つまみはカニのほぐし身とミソの小鉢が、握りは煮ハマグリが美味しかった。その他はソコソコ。

西麻布には寿司屋が多いので、わざわざ行くほどの味とは思わないが、夜遅くまでやっているのはありがたい。
夜遅くまでやっているせいか、客層は業界人風が多い。

値段は二人で飲み物込45000円。
この値段とるなら、もう少し頑張ってほしい。若い大将なので今後に期待。


宮園寿司 / 乃木坂駅六本木駅表参道駅
夜総合点★★☆☆☆ 2.7

2017年10月21日土曜日

旅先で落ち着ける場所を探す シュタイゲンベルガー フランクフルターホーフのバー

旅先でお気に入りの落ち着ける場所を見つけるのは楽しい。よく訪れるニューヨークやバンコク、国内主要都市にはお気に入りのお店があり、訪問する時に寄るのが楽しみだ。
フランクフルトにもそんなバーがあればよいなと思って、色々行ってみたが、どうやらフランクフルトにおけるそれは、シュタイゲンベルガーフランクフルターホーフ(Steigenberger Frankfurter Hof)のバーであるようだ。

シュタイゲンベルガー フランクフルターホーフは歴史あるホテルで、聞くところによると1800年代より営業を開始していて、第二次大戦で損害を受けた後、間もなく再建されたという。
歴史あるという割には、ライティングが妖しい色使いで、面白い。
バーは静かな大人な空間で、オーセンティックな作り。
ボンベイサファイアトニックは16ユーロ。
トニックウォーターは日本では見ないTHOMAS HENRY(トーマスヘンリー)。
確認していないが、おそらくキニーネ入りの、いわゆるインディアンブレンドだろう。日本ではキニーネ入りのものはなかなか飲めないので、海外でインディアンブレンドのトニックウォーターを飲めるとうれしい。

<おまけ>
デュッセルドルフでは、ブライデンバッハ ホフ(Breidenbacher Hof)のバーに行ってみたが、こちらは今風な感じ。

こちらのボンベイサファイアトニックは日本でも稀に見るフィーバーツリーのトニックウォーターを使って15.5ユーロ。このフィーバーツリーもインディアンブレンド。

作業着が似合わぬ麺の店(シティショップヌードル)

吉井雄一が仕掛けている「CITY SHOP」。南青山五丁目に出店したデリカテッセンの方はいつも賑わっているが、ヘルシーっぽい打ち出しと食が細そうな人ばかりの客層で、おいしいものがでてきそうな印象を受けない。美味しいものを食べにいく店ではなく、オシャレな感じを楽しみに行く方が正解だ。

一方、ELLE CAFFEの奥、郵便局の向かいに出したCITY SHOP NOODLEは、間違いなく美味しいものを食べに行く店である。もちろんオシャレで、ついついインスタにあげたくなったりするだろうが、それはおまけ。あくまで、美味しい麺料理がメインである。そういう意味では、デリカテッセンの方とは逆である。


客層はどの時間帯に行っても20代前半から40代までの女性が主体。おいしい料理を女性に独占されるのはもったいない。世の男性よ、もっとシティショップヌードルに行こう!
ただし、麺の店だからといって、商店街の藪そばや家系ラーメンに行くつもりの服装では浮くので、最低限のオシャレはしていこう。麺屋で定番のニッカポッカや作業着で行くと他の客からの視線が痛いであろう。

料理は麺の種類、味付け、付け合せ、トッピングを自分で選択するスタイルで、組み合わせ数はかなり多い。自分のベストチョイスを見つけるのが楽しいのだが、そのためには何度も足を運ばねばならない。吉井雄一がリピーター作りの手法として考えたなら、アッパレである。


何度か通って私がたどりついたMYBESTは、もっとも主流と思われる、邦栄堂の普通の方の麺とシグニチャー醤油の組み合わせ。


あと、素晴らしいと思うのは、お水がスティルとスパークリングの2種類が用意されていること。結構、コッテリするので、ガス入りの水が飲めるのはうれしい。


調味料も用意されていて、途中で味変も可能。
何かとよい仕掛けがあり、よく考えられた完成度の高いお店だと思う。
コーヒーもあって、混雑する時間をさければ、ゆっくりできるので、総合的に考えれば安いと思う。

吉井雄一、さすがである。


CITY SHOP NOODLEカフェ / 表参道駅明治神宮前駅渋谷駅
昼総合点★★★☆☆ 3.4

amazon